沿革

1994年
(H6)
小規模作業所・身体障害者施設共同作業所タイムを北区に開所する
菓子の袋詰めなどの下請け作業をはじめる
1998年
(H10)
右京区嵯峨嵐山に移転 製パン・喫茶「京・嵐山マルシェ」オープン
天然酵母のパンを中心に「マルシェ」の営業をはじめる
2005年
(H17)
パン・パティスリー「マルシェ広沢」オープン
広沢の地で「マルシェ」2号店の営業をはじめる
(※2008年3月末不審火で一部焼失により事業撤退)
2006年
(H18)
特定非営利活動法人(NPO法人)取得し
「タイム・ワークサポートセンター」の運営をスタート
2007年
(H19)
障害者自立支援法へ移行し、「タイム・ワークサポートセンター」(就労移行事業所)の指定受ける
2009年
(H21)
パン・ロールケーキ・パスタランチの「Doppo」の店舗をオープン
2010年
(H22)
障害者自立支援法における「タイム・ワークサポートセンター」(就労継続支援事業B型)の指定も受け多機能事業所としての機能をもつ
2013年
(H25)
(株)フロニカ様と業務提携をし、施設外就労としてリネンサプライの事業所「えすぺらんと・α」を吉祥院にスタート
2014年
(H26)
「えすぺらんと・α」多機能型事業所(就労移行支援・就労継続支援B型) として指定を受け新たにスタートする
「タイム・ワークサポートセンター」(特定相談支援事業)の指定も受け、計画相談をスタートする