各事業所の取り組み内容

NPO法人タイム・ワークサポートセンターの事業所は京都市右京区の嵯峨嵐山にあるタイム・ワークサポートセンターと京都市南区の吉祥院にあるえすぺらんと・α(エスペラント・アルファ)の2箇所です。タイム・ワークサポートセンターには、天然酵母パンの製造販売を行う「マルシェ」とカフェレストラン「Doppo」を併設しております。

これらの事業所は、福祉サービスを必要とする障がい者に対して、自立することができるように職業的支援、および地域生活支援に関する事業を行い、地域と社会の福祉の増進に寄与することを目的としています。

利用者の基本的人権を尊重し、街の中で「働き」普通に「暮らす」ことができるよう支援内容の充実を図っています。働くことを生活の柱とし、利用者の障がい特性や行動、利用者を取り巻く生活環境に応じた支援を行っています。

タイム・ワークサポートセンター

Marche(マルシェ):天然酵母等のパン製造、販売、喫茶の店舗業務

タイム・ワークサポートセンターに併設しているパン屋さん「Marche(マルシェ)」の調理場での作業(パン作り・洗い物)や店舗での接客・販売の作業を通して、社会性や協調性を養い、個々の利用者の「働く」ことに対する基本的な姿勢の習得を目指しています。マルシェを「働く場」「しごと」と位置づけ、就労に必要なスキルを身につけましょう。

Doppo(ドッポ):パン・ケーキ・パスタの製造、喫茶・ランチの店舗業務

タイム・ワークサポートセンターに隣接しているカフェ・ランチのお店「Doppo(ドッポ)」の店舗での調理補助の仕事を通して、責任感や社会性を養うと共に、仕事への意識を高めながら、個々の利用者の意欲向上につなげていきましょう。

下請け:一般業者からの下請け作業(お菓子の二次加工)

お菓子の袋詰めや封入・箱詰めなどの下請け作業を行います。作業を通じて、働くことの基礎的理解や、作業遂行の基本、対人関係の基礎能力(コミュニケーション能力)を高め、日頃の活動を通して実現可能なステップアップを図ります。また、日々の作業に対して取り組み状況をもとに振り返りを行い、利用者ひとり一人にあった作業内容、作業工程を提示できるように努めるます。また、収益を上げられる作業種目・内容の検討を行い、少しでも工賃アップができるように努めます。

えすぺらんと・α

えすぺらんと・α:リネン作業(タオル、ピロケースの洗濯、たたみ作業)

リネンサプライとは、一般的なクリーニングとは違い、こちらで所有するリネン類(タオルやシーツ類)ホテルや旅館などの宿泊施設に貸し出し、使用済みのリネン類を、定期的に回収・洗濯仕上げをして納品することを言います。えすぺらんと・αの作業内容はタオルクリーニング中心ですふが、ピロケース、シーツ類も取り扱っています。リネン工場での作業を一般企業の忙しさに近づけ、繁忙の状況を経験し、社会性や協調性を養い、個々の利用者の「働く」ことに対する基盤形成を目指します。リネン工場を「働く場」「しごと」と位置づけ、就労に必要なスキルを身につけます。

1日の作業の流れを動画でご覧いただけます。